人体に大きな危害を加える蜂の巣は慎重に駆除作業をしていこう

作業の流れ

ハチ

蜂の巣は住宅の玄関先やベランダなどに発生する可能性のある非常に危険なものです。蜂の巣は種類によっては凶暴性の高いものあり、その蜂の巣が人間の家などにできてしまうと、とても危ないです。蜂の巣は少しでも時間が経ってしまうとすぐに大きくなってしまい、数も大量に増えます。そうなると人間を攻撃する可能性も高くなり、命にかかわる事態となります。蜂の巣が大きくなって人間を攻撃してしまう前に、素早く駆除の作業を行う必要があるのです。蜂の巣は凶暴性の高い蜂の場合には、専門の業者に依頼することをおすすめしますが、凶暴性が低い場合には自分で駆除の作業を行うこともできます。自分で駆除の作業を行う場合には事前に必要なものをしっかり準備して慎重に作業に取り掛かるようにしましょう。

蜂の巣の駆除作業を行うときは日中は避けましょう。主に夕方から夜にかけて行うのが一般的です。理由はこの時間帯が一番蜂の活動が弱まるためです。蜂の活動が活発的に行われている日中は避け、夕方から夜の活動が弱まる時間帯に作業を行うようにするといいです。しかし、暗い時間帯に行うので手元が確認しにくく、作業がしにくいといえます。明るい時間帯に蜂の巣の位置や周辺の状況をきちんと確認しておき、作業を行うといいでしょう。蜂の巣の駆除を行う手順は、まず十分に距離を取った場所から殺虫剤を噴射します。その際に中から蜂が飛び出してきますが、噴射をやめずに続けましょう。できるだけ30秒から1分程度は噴射をし続けることが大事です。殺虫剤を噴射したら長い棒を使って蜂の巣を落とす作業に入ります。落とすときは下に蜂の巣を受け止めるためのごみ袋などを準備しておくといいです。スムーズに落とすことができないときは、無理は決してしないことです。蜂を刺激しないように慎重に作業を行っていきましょう。蜂の巣をうまく落とすことができたら、ごみ袋などに巣を入れて素早く閉じます。蜂が飛び出したら殺虫剤などで追い払い、蜂の暴走が落ち着くまで待ってから巣を回収するといいです。蜂は刺されると非常に危険な虫です。駆除を行うのは大切ですが、それよりも自分の命のほうが断然大事といえますので、無理なことはせず慎重に駆除の作業を進めていくといいでしょう。

放っておくと危険

男性作業員

蜂の巣は、家の玄関やベランダなどにできる可能性のある非常に危険なものです。蜂の巣を発見したら素早く業者に駆除を依頼することが大切です。蜂の巣をそのまま放っておくとどんどん大きくなってしまい、非常に危険です。

詳しくはこちら

種類によって危険性が違う

駆除

蜂の巣は時間が経つとどんどん大きくなってしまい、数も大量に発生してしまいます。蜂の巣はどこにでも発生する可能性があり、油断は禁物です。種類によって凶暴性が高く攻撃性も強い種類があります。気づいたら早めの駆除を行いましょう。

詳しくはこちら

自力でも作業を行える

住宅

蜂の巣は放っておくとどんどん危険性が高まるので、早めに駆除をする必要があります。凶暴性の高い蜂は業者に依頼することをおすすめしますが、凶暴性が比較的低いものは自分で駆除を行うこともできます。事前に準備していくといいです。

詳しくはこちら